外国人介護士の受け入れが決まったら、介護施設側で準備できることがいくつかあります。海外から呼び寄せる場合、内定から入職まで時間がありますので、その間にしっかりと受け入れ体制を整えることができます。

受入体制が整っていると、外国人介護士が安心して働け、本来の能力を発揮しやすくなります。

では、具体的にどのような準備をすればよいのかについて、詳しく解説していきます。

外国人介護士受け入れについての全職員説明会を開く

経営幹部だけでなく、現場の職員も含め、全職員に対しての説明会を開きましょう。パートさんも含めてです。

現場の職員だからこそ、気づくこともあるからです。

職員説明会を開くことによって、外国人採用について、心の準備と体制の準備ができます。

また、外国人が仕事をしやすい環境を作ることにより、結果として日本人も仕事をしやすい環境となります。

もし、外国人採用についての反対意見が出たなら、その理由を詳しく聞きましょう。そのうえで、対策可能かどうか検討してください。特に、直属の上司が反対しているなら、強引に採用してもうまくいかない可能性が高いです。

 

職員説明会をしないことのリスク

こうした職員説明会を行っておかないと、外国人介護士への誤解や会社への不満につながることがあります。また、外国人介護士が入職すると、利用者やその親族から、「なぜ外国人が働いているの?」「安く雇っているんじゃないの?」「不法就労じゃないよね?」などと聞かれて、きちんと答えれずに、事実と異なる噂が流れてしまうこともあります。ですから、職員説明会は必ず行っておきましょう。

 

職員説明会で話すこと

外国人介護士を採用する理由

採用理由については、原則として正直に話しましょう。将来、海外展開する計画がある、外国人の利用者対応に必要だからという理由があればそれでよいです。しかし、多くの介護施設では、求人を出しても応募がない、人手不足が深刻な課題になっているというのが、大きな理由だと思われます。ただ、これだけを話すとネガティブに捉えられてしまうため、外国人採用の良い点にも触れておきましょう。

外国人介護士を採用するメリット

外国人介護士を採用するメリットについては他の記事でも紹介しています。施設によっては、意外なメリットがあるかもしれません。介護職員、利用者にとって刺激になること、異なる環境で育った外国人から学べることがあること、海外から覚悟を持ってきているため安易にやめないことなどです。

外国人介護士の就労動機

外国人が介護職で働くというと、お金のためと思われる方が多いと思いますが、全員がお金のためだけではありません。就労動機は人によって異なります。中には、将来、母国に戻って介護施設を立ち上げたいと思っている方もいますし、人と接するのが好きだからという理由で介護士を目指す人も多くいます。

 

<期間限定・無料>外国人介護士受入説明会の講師を派遣します

本サイトを運営する一般社団法人外国人就職支援センターでは、はじめて外国人介護士を採用される介護施設様向けに、外国人受入説明会の講師を無料で派遣しております。下記のような内容について、説明が可能です。机上の理論ではなく、実際に外国人採用をサポートしてきた中で得た経験に基づく内容をお伝えしております。時間は1時間程度です。質疑応答形式での説明会も可能です。相談会のあと、簡単に当法人の外国人介護士採用プログラムの案内をさせていただいております。

説明会でお話しできること(一例)

  • 外国人介護士採用のメリット、懸念点
  • 外国人介護士の受入準備、入職後すぐにやること
  • 法律を守った外国人雇用のために知っておくべきこと(法律違反になることの具体説明)
  • 外国人介護士採用に関する質疑応答

無料での講師派遣は、2020年11月30日まで、東京都内にある介護施設限定です。

講師派遣を希望される場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

外国人介護士の住居を準備

日本人社員のために用意する借上社宅、社員寮と同程度の広さ、清潔感があれば問題ありません。

外国人だからといって、多少汚くても狭くても大丈夫という考えは危険です。

自分たちは大切にされていないと感じ、モチベーションの低下につながります。また、今後の外国人の応募も減る可能性があります。

逆に、良い住環境であれば、口コミで広がり、次の採用にもつながります。

 

インターネット環境は必須

ほとんどの外国人介護士は、仕事が終わってから、ほぼ毎日、母国の家族や友人達とインタネットの通話アプリを使って会話を楽しんでいます。人によっては、自宅にいる間は繋ぎっぱなしの人もいます。ですから、自宅にインターネット環境は必須です。日本に来たばかりの外国人がネット回線の契約をするのは困難ですので、ネット環境については施設側で整備しておきましょう。

 

申し送り書、引き継ぎ書等の書き方ルールを決める

多くの外国人にとって、手書きの日本語の文字というのはかなり読みづらいものです。私達日本人も、英語ネイティブの外国人が手書きで書いた英文を読みづらいのと同じです。

ですから、できるだけ丁寧に簡潔に書くようにしましょう。そいすることで、日本人間の連絡もスムーズになることがあります。また、申し送り書の書き方を統一したり、チェックシート形式にしたりして、誰が見てもすぐに分かるようにしておくとベ便利です。

 

近隣にある外国住民支援機関リストを作成

現在、多くの自治体では外国住民に対する各種支援を行っています。例えば、日本語学習支援、生活支援、日本人との交流会などがあります。また、外国語で対応可能な病院リストを公表している場合もあります。

こうした情報を一覧にまとめ、外国人介護士が入職したときに、すぐに渡せるようにしておきましょう。小さなことですが、渡された外国人は、自分達が大切にされていると感じ、仕事へのモチベーションも上がると思います。

当法人から外国人介護士を紹介させていただく際にも、貴施設の近隣の外国住民支援機関を調べ、一覧にして提供しております。

 


こちらの記事もよく読まれています。