外国人介護士の日本語力について

採用時に既に日本に住んでいる外国人の場合(日本人と結婚している外国人など)、その方の日本語力については、ある程度、安心できると思います。

海外から外国人を介護スタッフとして呼び寄せる場合について解説します。海外から呼び寄せる場合は、技能実習生もしくは特定技能外国人のいずれかになることが多いです。

まず、技能実習生についてですが、彼らは来日前に6ヶ月以上の日本語研修をしています。そして日本語能力試験N4レベルの日本語を習得してきます。

N4レベルとは:基本的語彙漢字使つかってかれた日常生活にちじょうせいかつでも身近みぢか話題わだい文章ぶんしょうを、んで理解りかいすることができる。日常的にちじょうてき場面ばめんで、ややゆっくりとはなされる会話かいわであれば、内容がほぼ理解りかいできる

特定技能外国人については、N4合格に加え、介護技能評価試験及び介護日本評価試験にも合格しています。ですから、介護で使用される専門用語の意味を理解しています。例えば、「排泄」、「誤嚥」といった専門用語を学んでいます。

いずれにしても、正式採用前に、1~2回の面接(オンライン面接や現地面接)がありますので、日本語力については、その時に確認できます。面接で日本語力をより正確に確認するコツについては、別記事で紹介します。また、実際に外国人を採用している介護施設に聞くと、働いているうちに、仕事で必要な日本語はすぐに覚えますという声が多いです。ですので、この点については、必要以上に心配される必要はないかと思われます。

 

外国人介護士の日本語学習を支援する方法

特定技能外国人の場合、日本語能力試験N4、介護日本語評価試験の両方に合格しているため、基本的な日本語については、入職時に習得すみです。技能実習生についても、N4レベルの日本語力を持っています。

しかし、やはり現場でのコミュニケーション力を上げるために、日本語のブラッシュアップは必要です。意識の高い外国人は自ら日本語学習ツールを探すのですが、その探し方がわからないといった声も聞かれます。そこで、介護施設側として、サポートできること、情報提供できることを紹介したいと思います。

近隣のボランティア日本語教室を案内する

現在、日本全国でボランティア日本語教室が開催されています。市町村主催のものもあります。こうした情報は市町村の広報誌に掲載されますし、市町村役場に電話で確認することもできます。

また、民間のボランティア団体が開催されるものについては、インターネットで検索すると出てきます。「〇〇市 ボランティア日本語教室」で検索すると出てきます。

無料の日本語学習アプリ、ユーチューブなど

無料で利用できる日本語学習アプリがたくさんありますので、スマートフォンにダウンロードして学習してもらうことができます。また、最近では、日本語講師がユーチューバーとしても活動しています。彼らの動画は非常に面白く、飽きないように工夫されています。日本語のテロップもあり、短時間で効率的に学習するのに適しています。1日10分こうした動画を見るだけでも、3か月後には日本語力の向上が実感できると思います。

介護施設で日本語講師を雇い、定期的に日本語レッスンをしてもらう

外国人介護士が複数いる場合、介護施設側で日本語講師を雇うこともできます。雇うといっても、常勤雇用する必要はありません。週1回2時間来てもらうといったことも可能です。また、オンラインレッスンでもよいでしょう。多少の費用はかかりますが、プロの講師に教わるメリットは大きいです。プロの日本語講師は、日本語教授法、シラバスの作成法等に関する体系的な知見があります。また、授業の時間を決めることで、日本語学習に対する強制力が働くというのもメリットです。

 

おすすめの日本語教室

 

●アジアランゲージセンター(東京都千代田区・講師派遣ご相談)

行政書士が運営する、日本語、タイ語のスクールです。講師派遣もご相談ください。

●大和日本語教室(オンライン日本語教室)

香港発のオンライン日本語教室です。近々、日本人向けの外国語オンラインスクールも開設予定です。

 

 


こちらの記事もよく読まれています。